Fokker V.4

このウーパールーパーのような模型は,フォッカーV.4である。V.4は,フォッカーDr.Iの前身であるフォッカーF.I(社内呼称V.5)の試作機である。相違点は,翼間支柱がなく,水平尾翼形状が丸みを帯びている。またエンジンカウルもやや丸い。また,後にエルロン先端部に補強桁が入れられた。翼間支柱は不安払拭からパイロットの要求を入れて追加されたが,実戦配備されなかったF.Iの破壊テストでは,7G以上の負荷に耐えている。F.Iは3機作られたが,他の2機は実戦配備され,1機はベルナー・フォス,,もう一気はマンフレート・リヒトホーヘンに割り当てられたが,マンフレートはすぐに降りた。

IMG_1036.JPG IMG_1040.JPG IMG_1044.JPG IMG_1046.JPG IMG_1050.JPG IMG_1051.JPG IMG_1053.JPG