DFW C.V
● AMC  DH.9a 「ナイナック」 AMC DH.9a "Ninak" ●
実機について
1次大戦終戦の1918年初めに登場した複座単発の軽爆である。AMC(Aircraft Manufacturing Company)によって開発設計された機体で,後のDHが示すようにデ・ハビランドの設計を示である。前身であるDH9は4000機以上製造されたにも関わらず,非力なエンジンの為に失敗作とされていた。その欠点を補う為にV型12気筒400馬力という強力なエンジンを搭載することで実用的な爆撃機としてその後10年間製造され続けた。

英国・米国のライセンス製造を合わせて約6000機,更にロシアの非ライセンス下のコピー機がポリカルポフR1の名称で2400機前後生産されている。また中国でも採用されていたようだ。

「ナイナック」といういう愛称に特に意味はなく,英語のゴロで「ナイン」と「エイ」をつなげて作られたものらしい。前身のDH.9は小さいエンジンの為に機首部がとんがった感じの以下にも非力そうなスタイルであったのに対し,この改良型のa型は四角い箱を取り付けたような実用的かつ頑強なイメージを生み出している。全体に華奢で美しいイメージのドイツ機に対し,なんとも無骨な実用重視のデザインである。

装備は,英国の複座機ではよくある前方1門,後方回転銃座に1ないし2門の機銃で,爆装は最大300kgまで可能とされている。また,偵察のミッションも行ったので,胴体下にカメラ用の開閉可能なスリットが設けられている。機首形状は全くことなるものの,雰囲気的にはブリストルファイターと酷似しているが,同じ12気筒でありながら100馬力以上エンジンパワーが劣るビフの方が頑強かつ優雅なスタイルに思いえる。


主な緒元
・全長:9.22m
・翼幅:14.0m
・最大重量:2,184kg
・エンジン:Liberty V12 水冷12気筒 400馬力
・武装:Vickers .303(7.7mm)×1  Lewis .303(7.7mm)×2 300kgまでの爆装
・最高速:193km/h
・上昇限度:5,500m


キットについて
ウイングナット・ウイングズ

比較的初期に発売されたキットである。遠からず完売になりそうだ。コクピット周りが見応えがある。


制作について  (制作2015年3月)
E8538 "E15", AMC built, C Sqn USMC, September 1918

この機体は1918年9月にアメリカ軍が買受け,リペイントして使われていた機体だ。胴体のアンカーマークが特徴的だ。蛇の目マークは英国のそれと色の順番が違う訳だが,それだけでイメージがかなり異なる。個人的には英国色の方が好みだ。上記の胴体のアンカーマークはやや描きづらいがなんとか描いてみた。まぁ,それなりに見える。この機体(キット)は2作目なので,特にワクワク感はなかったが,それでもコクピット部の制作はなかなか楽しい。

ちょっと失敗したところでもあるが,タイヤのホワイトレター部は個人的には好きだ。これはデカールである。また,一番のお気に入り部分は,後部銃座と操縦席の仕切り板の木目である。やはり1次大戦機は木目描きが一番楽しいのである。最近は,翼間支柱やプロペラや胴枠などの木目部の描き方が少々雑になってしまっているが,次回機体では木目の表現をもう少し真面目に突き詰めてみよう。

爆弾と投下装置のディテールアップをしようとずっと思っているのだが,数が多く面倒くさいので実行に移せていない。いずれはパーツを制作し,追加しようと思ってはいるのだが。


 ギャラリー1

 ギャラリー2

 ギャラリー3

 ギャラリー4

 ギャラリー5

 ギャラリー6
上のサムネールをクリックすると複数の画像(1280dip幅)に飛ぶ。更に各画像をクリックすると1920dpi幅のフルサイズにジャンプする。

 



プラモデルのトップへ戻る