● RAF  FE2b 「お好み型」 RAF FE2b fictional Version ●
制作について  (制作2012年穀雨)


1作目の前期型の偵察機と2作目の後期型の夜間爆撃機に続き,3機目のウイングナットのFE2bとなった。

常々から「史実=プロトタイプのデータ」に忠実にというよりは模型として見栄えがすることを優先して作っているが,今回は塗装パターンや装備まで全く自身の趣味で仕上げた。いわゆる「でっち上げ」なので,あまり人様には見せられるものではない。

スケールモデルと呼ぶよりはフィクションモデルと呼んだ方がいいのかも知れないこの3機目の模型には当初壮大な計画があったのだ。

実は,FE2にはウイングナットのキットで設定されたベアードモアの直列6気筒エンジンを搭載した「b 」型と,空冷∨12気筒のRAF5エンジンを搭載した「d」型とがある。水冷V12のRolls RoyceのFalconも使われていたようだ。

本当はこの3機目は,このRAF5型エンジンを搭載した「d」型を作ろうと目論んでいたのだ。RAF5はRAF4のプッシャーバージョンとのことなので,RE8のエンジンを利用すれば問題ないし,ファルコンエンジンならブリストル・ファイターのキットのエンジンが流用できる。ただ,ウインドソックなどを当たっても,「d」型の操縦席周りの情報が十分に得られなかったのが断念の理由だ。だが,是非ともこの∨12のエンジンを載せた機体を作ってみたいと思っている。って,4機目かぁ?



 ギャラリー1

 ギャラリー2

 ギャラリー3

 ギャラリー4

上のサムネールをクリックすると複数の画像(1000dip幅)に飛ぶ。更に各画像をクリックすると1920dpi幅のフルサイズにジャンプする。

 



プラモデルのトップへ戻る