フォッカー・アインデッカー Fokker E.IV
● フォッカー・アインデッカー Fokker E.IV ●
実機について
初期の自動車が内燃機関ではなく電動として開発されたのと同様に,初期の航空機の多くは実は複葉ではなく単葉であった。1914年の1次大戦開戦時から,モランソルニエのタイプL,タイプNを最初に起用したフランスにほぼ1年遅れて,ドイツでは1915年半ば過ぎになってようやくこのアインデッカーを登用することになった。
アイデンカーとは,「Eindecker」つまり「単葉」という意味で,識別イニシャルの「E」はそれを取ったものだ。1次大戦後期になると,フォッカーが同じ単葉(パラソルタイプ)のD.8を開発するが,その時点では既に識別イニシャルは改定されており,単座戦闘機はすべて「D」のイニシャルが振分けられた。よって,アインデッカーの愛称で呼ばれるのはこの機体だけであると考えればよいだろう。

Anthony Fokker(ジャンプ先左フレーム上から2番目のメニューから入る)は,木製構造の胴体を持つモランソルニエ機をベースに,素材を鋼管化したM.5を設計する。この胴体の骨組みに鋼管パイプを使用する設計は,後の全てのフォッカー機に共通する構造である。
「M.5(Gnome Lambda 7気筒80Hp搭載)」には翼幅の広い「M.5L」と狭い「M.5K」とがあった。ドイツ軍は「M.5L」を軍用機として「Halberstadt(ハルバーシュタッド)」社に製造させ,A.IIと言う呼称を与え,一方,複座機のM.8は,軍用機としてフォッカーで製造されることとなり,A.1と称された。両機は共に,1次大戦初期の西部・東部戦線に配備された。1915年になると,「Stangensteuerung(シュタンゲンシュトイエルング)」と呼ばれるカム・ロッドを使った同調機(ジャンプ先左フレーム中程の■ 火器・武装 ■ メニューから入る)を装備したパラベラムMG14が1丁装備されたA.III型が追加発注され,その後,量産されるようになった機体はE.Iと呼ばれるようになった。この同調機銃を装備したアインデッカーの登場で,1915年半ばには,有名な「フォッカーの懲罰」の時代を迎え,約半年の間,前線付近の制空権はドイツが握ることとなるが,デ・ハビランド設計の新鋭機「DH.2」の登場により一方的な優位性は失われてしまう。

トニー・フォッカーによって設計・制作された最初の軍用機であるEシリーズ・アインデッカーは,1型から4型まで発展する。1型は「M.5k」に7.92mm機銃を取り付けただけのものであった。
2型では機銃の装備を前提とした設計がなされ,エンジンのパワーアップと機体の大型化がなされている。
3型では翼弦が8cm程縮められ,燃料タンクを大型化することで航続時間が2型より1時間長い2時間半に伸びている。また当初は機銃が1丁だけ装備されていた。
4型は,エンジンを160hpの2列ロータリーに換装,機体もひと回り大型化することで,3丁の前方機銃の装備を目論んだが,プロペラとの同調が上手く行かず,後に2丁に戻された。機銃数を増やそうとしたのは,当時の機銃がよく弾詰りしたせいで,その故障をカバーする為であった。その「E.IV」の失敗を受けて,「E.III」に後付で機銃を2丁に増やした「E.IIIs」が誕生することになった。
このように,「E.IV」ではエンジン部が異るが,全型を通して外見上の大きな違いはない。1型は僅かに54機,2型は49機,3型が最も多く249機,4型は49機が製造されている。エルロンを持たない捻り翼の機体は間もなく旧式化し,徐々にアルバトロスD.IやD.IIへと移行,1916年には前線を去ることとなる。また,アインデッカーは同じ名称で「Pfalz(ファルツ)」社でも製造されている。

【E-I】
緒元等
翼長:8.85m
全長:7.22m
空虚重量:360kg
最大重量:563kg
最高速度:130km/h
最高高度:3000m
航続距離:200km
上昇率:2000m/20mins
火器:Spandau IMG08(またはParabellum MG14) 7.92mm×1
発動機:Oberursel U.0 7気筒80hp (Gnome Lambda 80hpのコピー。オーバーウーゼルのイニシャルは,「U」がグノームのコピーで,「Ur」はル・ローヌのコピーを意味する)


【E-II】
緒元等
翼長:9.7m
全長:7.2m
空虚重量:340kg
最大重量:500kg
最高速度:140km/h
最高高度:-
航続距離:-
上昇率:-
火器:Spandau MG08 7.92mm×1
発動機:Oberursel U.I 9気筒100hp


【E-III】
緒元等
翼長:9.52m
全長:7.2m
空虚重量:399kg
最大重量:610kg
最高速度:140km/h
最高高度:3600m
航続距離:1.5h
上昇率:1000m/5min, 3000m/30min
火器:Spandau LMG08*15 7.92mm×1(E.III=×2)
発動機:Oberursel U.I 9気筒100hp


【E-IV】
緒元等
翼長:10.0m
全長:7.5m
空虚重量:466kg
最大重量:724kg
最高速度:170km/h
最高高度:3960m
航続距離:240km
上昇率:-
火器:Spandau LMG08 7.92mm×3(2)
発動機:Oberursel U.III(Gnome 14気筒 Lambda Lambda160hpのコピー)



キットについて
ウイングナット・ウイングズ

予告からほぼ1年を経て,発売された新キットである。歴史的に関係深い「エアコ DH.2」との抱き合わせキットとなっており,デカールを1種に絞り,箱も1個に節約したせいで,別々に買うより10ドルばかり安い。

エンジンのシリンダーの接着面の処理の難しさは「DH.2」と同じで苦労する。あまり宜しくない。また,単葉のクセに張線が多く,今回の図面では位置がわかりにくく苦労した。


制作について  (制作2014年小寒) 2基目の「ラムダラムダ」エンジン搭載機だ。相変わらずエンジン部に楽しくない苦労を強いられた。リギングは,4機も作っているのにまだよく理解出来ていないw 足回りのコントロールワイヤーの取り付け位置と取り回しが2D図面ではわかりにくい。

塗装はリネン生地色の「らしい」仕上げだ。グリーン系も良いが,やっぱり生地色の方が昔(初期)っぽくって良いかも知れない。前回の4型はカウリング前方に空気穴がないタイプに仕上げたが,今回は空気穴付きだ。2列星形エンジンは,ロータリータイプであっても冷却が不足したのだろう。穴あきカウリングに3丁機銃,数こそは少ないが,これこそが象徴的なアインデッカーかも知れない。 <


 ギャラリー1へ

 ギャラリー2へ

 ギャラリー3へ

 ギャラリー4へ





プラモデルのトップへ戻る