34
● LVG C.VI  ●
実機について
Luft Verkehrs Gesellschaft(航空運輸会社)製の複座哨戒機で,LVG C.V の後継機として軽量化・高性能化されて登場,1918年初めにプロトタイプがテスト飛行をしてから1919年初めまでに約1,000機が製造された。

この機体は,上昇率・速度・運動性などで優れた性能を発揮した結果,1次大戦後も他の国の空軍や民間機として採用された。装備していた火器類は上のユンカースJ.Iと同じものであった。後部銃座(架)部分も共通のものだったようだ。


主な緒元
・全長:7.5m
・翼幅:13.00m
・最大重量:1,340kg
・エンジン:ベンツ Bz.IV 200馬力 6気筒液冷エンジン
・武装:可動式(後方)7.92 mm パラベルム MG14 1門(前方固定式 7.92 mm LMG08/15 2門)
・最高速:165km/h
・実用上昇限度: 6,000m


キットについて
ウイングナット・ウイングズ 1/32


制作について  (制作2010年立秋)
1918年, 識別番号:12

ほぼ1年前に第1作を制作した。かなりの作業だったので,暫く間を置いたが,更なるディテールアップを目論み,1年ぶりに2作に挑戦した。冬季迷彩も魅力なのだがそれは次回に譲るとして,今回は前作同様にチェッカーの12番機を作る。

1作と異なる部分はエンジン部にシリアルナンバーと赤リングを入れたことと,2丁の銃器の放熱等にエッチングを採用したこと,最も大きな違いは,各翼の縁にローゼンジーの押さえテープを描いた点だ。1作でも特にエンジン周りのディテールには拘ったので,上記以外の部分に大きな違いはない。

とは言え,ローゼンジーの色相を付属デカールにより近いものにしたら,結構雰囲気が変わった。論理的に考えると,言うまでもなく迷彩とは敵の目を欺く為に施すものだ。上空の機体からこの機体を通して地面を見た場合,上面の迷彩色は森林や草原に溶け込む色組が妥当だろう。そう考えると,やはり今回の色相のほうが理にかなっている。

一方で,模型としてのみてくれでは1作の方が派手で存在感が強かったかも知れない。下面の色相は1作と大きな変わりはない。実は上面のローゼンジーは塗装後にどうも気に入らなかったので,全部落として塗りなおした。たっぷりと時間が掛かったが,とは言え,気に入らないまま続ける訳にもいかないので仕方がない。無我の境地に近づいた気がする。

ギャラリー1
ギャラリー2
ギャラリー3
ギャラリー4
ギャラリー5
上のサムネールをクリックすると,新規窓で960dpi幅の数枚の画像に飛ぶ。

 



プラモデルのトップへ戻る