Pfalz D.XII
● ファルツ D.12(2作) D.XII pfalz ●
実機について
1918年,終戦の年の晩春になって登場した機体で,740機程度の生産にとどまった。ファルツ社のD.3戦闘機をベースに,下翼を大きく通常の複葉機のバランスに戻し,かつラジエターを機首にコの字型に配置した機体は,フォッカーD.7と似たスタイルをしている。形状こそはフォッカーD.7に似ていたものの,従来通りの薄翼を踏襲しており,低速性能や着陸性能など総合的に劣り,旧式感は否めなかった。

またスタイルに関しては,正面から見ると他の単座戦闘機との違いが分かる。それほど大きくはない機体なのに翼間支柱が2組ある点で,かつ外側に傾斜して取り付けられている。初期型と後期型とで垂直尾翼の形状が異る。

初期型


後期型



主な緒元
・全長:6.37m 後期には6.53mに延長
・翼幅:9.04m
・最大重量:902kg
・エンジン:ダイムラー・メルセデスD.IIIau 200馬力 6気筒液冷エンジン
・武装:Spandau LMG08/15 2門
・最高速:180km/h
・上昇限度:5,000m


キットについて
ウイングナット・ウイングズ

最初のシリーズからこのメーカーのキットは殆ど作って来ているが,最近3Dモデリングデザイナーが悪いのか,パーツのパーティング部やヒケなどが以前より気になるようになってきた。また,取り付けホゾと穴の合い具合にも1〜2箇所ではあるが気になる部分があったりする。

1作目のキット購入時よりも3割以上円安になり,割高感が強くなってしまった。


制作について  (制作2014年10月)
1918年,Jasta 77b所属, 搭乗:unknown,識別番号:1394/18

2年前に作った1作目と同じ機体に仕上げたが,今回は全体のトーンを落とした色合にした。また,ブルーの部分は逆に艶の違いを強めに仕上げてみた。また,翼のローゼンジも久々である。今回はリブテープ部のマスキングも同時にカットした。ズレを心配したが余り問題ないようだ。

エンジンのディテールアップは,プラグを細密に制作した。手持ちのトーラスモデルのレジンパーツでも良いのだが,6角プラ棒と真鍮線で作った。以前もこの組み合わせで自作した機体が幾つかあるが,あまり目立たないので,その後の多くは単に真鍮線だけを使っている。

これまでと全く異なる初の試みは,ターンバックルの追加である。これまでも少なからずの作例で真鍮パイプを使った表現を見掛けているが,どれも良い効果を上げているとは思えない。実は自身でも試みたことはあるが同様だった。今回,サードパーティのホワイトメタル製のものを使用してみた。1個100円程もする贅沢品だ。

このホワイトメタルは特に堅く,新品のニッパの刃が一発でボロボロになってしまった。装着した感じは悪くはない。とは言え,ワイヤー張り線の独国,ロッド張り線の英国でターンバックルの形状も異なり,それぞれに2〜3種あるので全てを揃えておくのは大変だ。通常は張り線の片側にだけ付くだけだが,それでも張り線が少な目(標準的?)のこの機体でも30本近くが必要となる。取り付けに関しては自作ヒートンよりも格段に大きいので扱いが楽だ。思ったより瞬間でガッチリ固定出来る。概ねの方向・角度をプリセットして接着,実際に線を張ってから微調整して直線になるように修正する。

視覚効果としては真鍮パイプよりは格段に良い。写真のアップにも十分耐えるリアリティを有している。ただ,先に書いた通り,値段が安くない上,国内では品切れが多く,入手が比較的困難なパーツであるので,お気に入りの機体に根性を入れてディテールアップする場合だけに留めて置くほうがよいような気がする。これまでの巻きつけ方式で太くした方法でも十分に思える。ヒートンを作る際に,そのバリエーションとしても制作出来るが,単純なヒートンでさえ面倒なのに,複雑な構造のターンバックルを数十個も手作りすることは選択肢に入れたくはない。

このターンバックルに似合うスティーブン氏の例のスポーク・ホイールも装着した。

 ギャラリー1

 ギャラリー2

 ギャラリー3

 ギャラリー4

 ギャラリー5

 おまけ
上のサムネールをクリックすると複数の画像(1280dip幅)に飛ぶ。更に各画像をクリックすると1920dpi幅のフルサイズにジャンプする。

 



プラモデルのトップへ戻る