Rumpler C.IV
● ルンプラーC.4後期型  Rumpler C.IV late ●
実機について
1915年に最初期型の「C.I(150-160hpエンジン)」の開発が成功裏に終わったが,複座の大型機にも関わらず,当時,空の連合軍を怯えさせたあの伝説的単座戦闘機であるフォッカーE3の速度を凌ぐ俊足を誇った。翌1916年には200hpのエンジンを搭載した「C.III」に発展し,その年の内にこの「C.IV」に至る。

「ルンプラーC.4(Rumpler C.IV)」は,その俊足と長航続距離,高高度飛行性能を備えており,低リスクで敵陣深くまで侵攻することが出来た。その特徴を生かし,カメラや無線装置と言った,当時では先端の機器を装備し,敵陣偵察や見方の地上砲の着弾位置観測の任務を担い,時には軽爆しても利用された,デュアルパーパス機である。

この「C.IV」には前期型と後期型がある。胴体の軽量化のせいで,前線部隊による過酷な運用下では,後部の強度不足から損傷が発生していた。そこで支柱を重いが丈夫な材質のものに交換したり,リネンの一部を合板に置き換えることで補強が施された。それがこの後期型と称される機体である。

また,後期型では,前期型にあった小さなとがったスピナーは撤去されて,同時に空力特性の見直しにより,速力が10-15km/h増している。更に重いエルロンの操作を容易にする為に,前期型ではスティックタイプだった操縦桿は,飛行艇で良く採用されていた丸ハンドル形に変更されている。これらの改良は,新造機だけでなく,前期型の機体にも施されていった。


・全長:8.2m (前期型8.4m)
・翼幅:12.66m
・最大重量:1630kg
・エンジン:ダイムラー・メルセデスD.IVa水冷260hp
・武装:Spandau 7.92mm LMG08または08/15×1,Parabellum 7.92mm LMG14または14/15×1,爆装50kg以上
・上昇限度:7,000m以上
・航続距離:450km(2時間45分)
・最高速:175km/h
・生産数:2200機(全タイプ)1916年9月から終戦まで製造



キットについて
ウイングナット・ウイングズ
複座機というのは英国機でもドイツ機でも見栄えがするが,中でも翼間支柱が片側に2組あるものがカッコいい。張り線作業が大変にはなるが,やはり完成後の迫力が増す。


制作について  (制作2014年清明)


2機目は普通なら異なる塗装にするのだが,この機体にはよく似う胴体もローゼンジで改めて作る。ローゼンジーや国籍マーク等は全て塗りである。撮影後,胴体の布の縫い合わせ糸はリネン生地色で着色した。


 ギャラリー1へ

 ギャラリー2へ

 ギャラリー3へ

 ギャラリー4へ

 ギャラリー5へ

 ギャラリー6へ

 ギャラリー7へ
 




プラモデルのトップへ戻る