● アルバトロス D.V albatros ●
実機について
素人さんにはレッドバロンで有名なフォッカーDr1の方が有名かも知れないが,1次大戦時のドイツ機を代表する名機。D.Vは約900機が製造された。改良型のD.Vaは1,600機余り作られた。上下翼の間隔が狭いのは外見上の特徴のひとつ。

1917年の5月には実戦配備されたが,運動性が低く,各舵翼は重かったという。この機体は前身であるD.III同様に,翼の強度不足が致命的で空中分解も少なからずあったようだ。


主な緒元
・全長:7.33m
・翼幅:9.04m
・空虚重量:687kg
・エンジン:メルセデスD.III 180馬力 6気筒液冷エンジン
・武装:Spandau LMG08/15 2門
・最高速:187km/h
・航続時間:2h


キットについて
ウイングナット・ウイングズ

このメーカーのキットは,資料・キットの出来など他社の1/32スケールキットとは一線を画する。模型は作るが,複葉機は初めてという人には大きい分作り易いし,複葉機で一番面倒なリギングを省略した素組みでも見栄えがするので,入門用としてもいいかも知れない。

また,付属のデカールも出来はよいので楽だろう。ただし,計器類やステンシルのような極小なものしか使っていないので大きなマークはどうかわからないが,糊の付きが悪いように思えるので,デカール・フィルムやクリアーで押さえておいたほうがいいかも知れない。

直販のみとなっているが,日本の模型店が個別に購入しているところもあるので,海外に注文するのに抵抗がある人は,その経路からも入手は可能。大体2000円程度手数料が乗っているようで,8,000円〜11,000円位で売られているようだ。勿論通販だと送料が別に掛かる。


制作について  (制作2010年芒種)
1917-18年,Jasta 5所属, Oberleutnant Richard Flaschar搭乗, 識別番号:2065/17

何度も書くように,元々がよく出来てはいるのだが,手を入れる余地も少なからずあるので,やはり細かい部分に手を入れる。エンジン周りでは12本のプラグとそこからジェネレーターに延びるケーブルを制作・取り付け。それ程派手な改造ではない。また,実機によくあったように,ヘッドレストは取り外した状態として制作した。

コクピット内部はメーター類を追加で制作したり,現存のものを更にディテールアップ。通常はリギング(操縦索)は露出部しか張らないが,今回のスケールではコクピット開口部も広いので,コクピット内部のリギングも再現。操縦桿から上翼中央部に吸い込まれるエルロンへのリギングも追加した。また,リギング(補助張線)は,取り付け部とターンバックルを制作して張ってある。どのスケールでも複葉機の制作で一番大変な作業で,かつ完成時の見栄えを決定するのがこのリギングである。

外部の仕上げに関しては,木製モノコック独特の木目を生かしたカラーリングは魅力なのだが,今回は,グレーで塗装された胴体に赤龍が大きく描かれ,尾翼部が緑に塗られた派手なものを選んだ。このバージョンのデカールは付属していないので描くことにした。このサイトの他の作品をご覧になった方ならお分かりだろうが,例えデカールが付属していても全て塗りで完成させるのだけど(笑)。

国籍マークなどは面倒に思うが,こういう「絵」の部分は描いていて楽しい。今回はスケールが大きい分,マーク類は比較的描き易かったと言えるかも知れない。

翼の単純迷彩の紫が写真ではかなり青っぽく写ってしまっているが,実際にはもっと赤みが強い紫に仕上がっている。また,胴体はあえて濃い目のグレーにした。

デカールは,エンジンのクランクケースや翼支柱の小さなステンシルとメーターパネル面だけに留め,マークソフターで馴染ませた後に,デカールフィルムで押さえてある。メーター部に関してはさらにクリア塗料で厚みを出して,ガラス面の感じを再現してみた。

 ギャラリー1

 ギャラリー2

 ギャラリー3
上のサムネールをクリックすると複数の大きな画像に飛ぶ。翼上面の迷彩の紫の部分が,ライティングの関係でかなり青っぽく写っているが,実際にはもっと赤っぽい紫である。

 





プラモデルのトップへ戻る