● ソッピース・パップ (陸軍航空隊仕様) Sopwith-Pup RFC ●
実機について
正式名はソッピース・スカウト(偵察機)であるが,パイロット達は仔犬という意味の「パップ」と呼んだ。その名は,当時の複座のソッピース11/2ストラッターの大きさと比べそのサイズの小ささによる。その後,ソッピース社の機体には動物の愛称がつけらるようになった。

2次大戦機の「ハリケーン」で有名な「ホーカー」が所有していたグノーム50hpエンジン搭載の「SL-TBP」機をベースに,ソッピース社が開発した機体で,基本的に80hpエンジン(ルローヌ・グノーム・クレルジェなど)を搭載していたが,本土防空用の機体には100hpエンジン(グノームのモノスーパッペ)が搭載されていた。機体生産数は,ソッピース社が96機,スタンダード・モーター社が850機,ホワイトヘッド・エアクラフト社が820機,ウイリアム・ビアドモア社が30期を生産している。

パップにはRFC(帝国陸軍航空隊)仕様とRNAS(帝国海軍航空隊)仕様とがあり,若干の違いがあるが基本的には同じ機体だ。また,航行中のフューリアス号に着艦したことで,史上初の艦上機となる。1917年8月のことだ。これ以降,空母の開発が進み,着艦時のフックや引っ掛けワイヤーなどが考案されることとなる。パップの優れた飛行性能ゆえに,高等練習機や上級仕官の個人用機としても使われていた。

同盟国各国で運用されていたが,日本にも1917年中に輸入されており,1919年には50機が「ソ式3型」として海軍に制式採用されている。後には,山城や伊勢・扶桑などの砲塔に備え付けられたカタパルト上に搭載されることになる。

緒元等
翼長:8.07m
全長:5.89m
空虚重量:358kg
最大重量:555kg
最高速度:169km/h
火器:Vickers or Lewis .303 7.7mm×1 or LePrieur Rocket×8
発動機:LeRhone 9C 80hp / Clerget 7Z 80hp / Gnome 80hp / Gnome Monosoupape 110hp
生産数:2100機 (1916年2月から1917年4月までの期間で280機以上の修復機を含む)


キットについて
ウイングナット・ウイングズ

パップは1次大戦の複葉機としては大変有名であるので,のキットは1/48や1/72スケールでは複数発売されているが,1/32ではウイングナットしかないかも知れない。このキットも他のシリーズ同様に良くできており,素組みで済ますなら,制作にあたって手を焼く箇所はない。


制作について  (制作2012年梅雨明)
パップはスタンダード社,ホワイトヘッド社,ビアドモア社の3社が製造したが,今回はスタンダード・モーター(Standard Motor)社の製造による「B1777」を制作した。1917年8月〜9月,スコードロン46のLt A.S.Lee搭乗機。

前回の海軍機仕様を組み立てる際,カウリングの廃オイル抜きの穴の縁を薄くするのを忘れてしまったが,今回はしっかりと削った。これはメーカーの違いによるのかも知れないが,孔の縁にフランジが付いているものもあるようだが,よく知らない。

このモデルを選んだ理由は,胴体横の「Chin Chow」のロゴを書くところにある。チン・チョウとは中国河北省にある町の名前のようだが,これもよく分からない。またその上には,ブリティッシュ・ガイアナ・ナンバー2のロゴもある。操縦者のりーの出身地が英国領ガイアナなのか,この機体がガイアナからの供出なのか知識はない。知っている人がいたがご教示願いたい。

いつもボヤくのだが,白という塗料は扱いにくい。模型の塗装には基本的にミスターホビーの油性塗料しか使わないのだが,染料系から顔料系に変わったお陰で,隠蔽力は強くなったが,非常に塗膜が厚く,ボテッとなってしまう。エアブラシならまだなんとかなるが,筆描きだと,私の腕ではどうしても盛り上がる。

とは言え,整然とし過ぎている(と自分は思っている)デカールよりも,手描きの方が好きなので今回も描いてみる。チン・チョウの文字は十分大きく,かつデザイン的な文字なので,なんの問題もない。が,今回はちょっと楽しみを増やそうと,その上の,ブリティッシュ・ガイアナNo2も描いてみることにした。

このサイズの文字が描かれている機体は,他にもあった。例えば,ブリストル・ファイターも,大きな文字の上に小さな文字が描き込まれている。あの時には小さな文字はデカールで逃げた。少し大きめの文字は当然描くつもりでいたが,文字数が多かったので,堪能したのが理由だ。更にあの機体は,ディテールアップにもかなりの労力と神経を使っていたということも描かなかった理由だ。

今回は全体の文字数も少ないので,楽しみとして描いてみた。掛ける文字の大きさの限度としては,「No2」の「o」のサイズかと思う。それ以外の文字は比較的大きいので,大きさとしてはあまり不安はない。が,やはり盛り上がってしまう。それには目をつぶることにした。

模型の組立の技術レベルが低く,塗装の腕も未熟な私には,こういうイラストや文字を描き込むのが唯一の楽しみとなっている。とは言え,人の顔のイラストなどはチンケな仕上がりに終わってしまうのが常だが。

 ギャラリー1へ

 ギャラリー2へ

 ギャラリー3へ

 ギャラリー4へ

 ギャラリー5へ

 



プラモデルのトップへ戻る