Nieuport 17
● Lloyd C.V ロイド C.5 ●

実機について
オーストリア=ハンガリー(Austria-Hungary)帝国のロイド(Lloyd)社で開発された機体。独特の配置の翼下支柱を持つ機体で,主翼も合板のフルプランクという珍しい構図であった。また,湾曲した主翼の形状,垂直尾翼に被さるラダーの形状が雄鶏のようであるところから,「Kikeriki (Cock-a-doodle-doo)=コケコッコー」と言うニックネームが付けられた。戦時中にあって,まるで空に夢を追い求めていた黎明期の飛行機のような優雅なデザインと,高級家具や弦楽器のような仕上がりの非常に美しい機体である。反面,その独特の合板主翼構造から,前線での修理が難し点や,湿気に弱いなどの弱点があった。1917年中,「アウストロ・ロダイムラー(Austro-Daimler)」製エンジンが搭載された96機,ベンツ製エンジンを搭載した「WKF(Wiener Karosserie- und Flugzeugfabrik)」製造の48機が製造された。

K.u.K. Luftfahrtruppen (Kaiserliche und Konigliche Luftfahrtruppen)=オーストリア=ハンガリー帝国軍航空隊に就役したが,最前線で使われることは少なく,後に前線以外の任務で使用されるようになった。しかしながら,戦後もポーランドやハンガリー,ウクライナなどで使われ,ポーランドでは,「Fornir (Veneer)=ベニア板」というニックネームで呼ばれ,1924年まで使われた。



基本性能と緒元
・翼  幅:11.00m
・全  長:6.85m
・空虚重量:820kg
・全備重量:1,200kg
・最高速度:178km/h
・上昇限度:5,000m
・航続距離:250km (1時間43分)
・上昇率 :3.9 m/s (770 ft/min)
・エンジン:Austro-Daimler製 Hiero 185 hp 水冷直列6気筒
・武  装:trainable 8 mm Schwarzlose machine gun, fixed, forward-firing 8 mm Schwarzlose machine gun in overwing Type II VK gunpod ・爆装:90kg (200 lb)


キットについて
スペシャル・ホビーの1/48キットである。スペシャル・ホビーは,スペシャル・ネイビー・アズールなど多くのブランドを持つチェコのMPMのメーカー。

私の記憶によると,2000年頃に発売されたキットで,レジンパーツやエッチングが併用された完全な簡易インジェクションであり,モールドや精度は期待出来るものではない。デカールの質は悪くなく,白の抜けも少なく,糊や硬さも扱い易いものである。組み立て図はいかにも一世代昔の感じで,慣れていないとやや手強いかも知れない。また,エッチングはスケールの割に薄すぎる。しかしながら,他のプラキットは出ていない機体であり,それがスペシャル・ホビーの魅力なのであるが,その存在意義は小さくはない。


制作について (2016.10)


数年振りの1/48だ。複座機であるせいで,スケールの割にそこそこ大きい。上にも書いたように,キットには色々と問題がある。特に,脚部や翼部の支柱は長さがいい加減で,作り直しようやく形になった。また,実機は上翼が1枚ものではなく,左右の翼が中央部で繋がっているのだが,キットは1枚ものでインジェクションされており,制作時に切断するようにとなっているが,今回はそのまま組んだ。また,エンジンも通常は最上部のカウリングは取り外されているようだが,今回は完全にカバーしたので,エンジンは全く見えない。

塗装に関しては,感銘を受けた往年のスクラッチ・モデラーの作を真似て仕上げたが,家具というよりはチェス盤に見えなくもないw 老眼になると遠近だけではなく,コントラストや彩度の微妙な差が判らなくなり,ついつい大きな差をつけてしまう。もう少し各マスを似たトーンに仕上げた方がリアルだったかも知れないが,一般的には,小さな模型の場合,ややオーバーに表現することが多いが,如何だろうか。

実はこのキットは,十数年前のキットで,不満点が多かったので,細部に関しては色々と手を咥えた。通常,1次大戦機のエンジンは見せ場のひとつではあるが,数十機作ってくると,逆に本来のカウリンを伴った機体を見たくなるものである。その代わりとして,サードパーティのエッチングパーツを使って,スポークホイールをの状態で仕上げた。エッチングのスポーク・ホイールはリム部の処理に困る。というのも,ホイールは,自転車やバイクのそれと同じで,ハブを頂点にした傘状をしているが,平面のエッチングのリムをそのまま使おうとしてもその形状には出来ない。なので,リムを途中で何箇所か切断して円錐状にするか,リム部を一度完全に切り取ってしまうしかない。今回は後者にした。

本来は,左右のスポークはハブ中央部にほぼ1直線に並ぶのだが,今回は中央からやや左右に分かれてしまった。スポークを取り付けただけで違和感があるので,外周部(リム部)に銅線でリングを作りはめ込んでみたところ,十分に満足がいく仕上がりとなった。ギャラリー4の写真参照。

アネモメーターやマシンガンはキット付属のパーツをそのまま仕上げた。また,ラジエターホースはキットのレジンパーツをやめ,真鍮線で簡易的に制作した。なお,上翼上面に取り付ける補助タンクとガンポッドがパーツとして付属しているが,今回はタンクとした。前出のスクラッチビルダーの作品ではガンポッドになっているが,この機番の機体に取り付けられていたのはタンクだったという見解が優勢なので,その辺りは好みだが,タンクにしてみた。当時の写真を見ると,この機種には間違いなくどちらかが付いている。私はあまりそういった特定の機番をその通り組み立てるつもりはなく,機種全体の特徴が最も現れる装備で仕上げるようにしているので,私にとっては大きな問題ではない。

いつもはデカールは使用せず,基本的に手描きでマーキングするが,今回はすべてデカールを使った。やはりデカールは時間的に早いし,シャープに仕上がる。今後のような使い易く質が良いデカールなら,デカール仕上げも悪くない気がする。また,木目はスケールの割に「粗」だったかも知れない。それにしても美しい機体である。既に絶版キットではあるが,好きな機体なので後2キットあるので,これらは別の仕様に仕上げようと思う。

Gallery 1
 
Gallery 2
 
Gallery 3
 
Gallery 4
 

画像をクリックすると新規窓で1000dpi幅の複数枚の写真一覧ページに飛ぶ。そこで必要な写真を選びクリックすると1920dpi幅の写真に飛ぶ。IE8以降のブラウザーの場合,自動でウインドーサイズに縮小されるので,画像を一度クリックするとファイル実寸大(1920dpi幅)の写真が開く。一覧に戻るにはブラウザーの「戻る」ボタンを使う。





プラモデルのトップへ戻る