鐘馗カワセミ2 





● Ki-44 陸軍2式単座戦闘機「鐘馗」  (syouki)カワセミ部隊配備機 ●  1/144 スケール  

実機について
鐘馗の制式タイプには「I型」・「II型甲」・「II型乙」・「II型丙」がある。 量産機である「I型」が製造されるまでに,昭和15年初夏から16年春にかけて 3機作られ,その後,更に7機の増加試作機が作られることになり,最終的に試作 機は10機作られた。

今回のモデルはその試作2〜4号機にあたり,幾つかの点で量産機は勿論,他の試作機 とも異なる特徴があり,模型のプロトタイプとして魅力的である。


● 試作2〜4号機の特徴) ●
・塗装が裏面灰緑色で,上面は茶褐色。味方識別と胴体の日の丸がない
・プロペラが銀色で先端の線は赤
・車脚カバーが1枚もの
・尾輪カバーも1枚もの
・スピナー先端の始動フックがなく,尖っている
・カウリング開口部上部とカウリング下部に空気取り入れ口がない
・集合排気管が四角っぽく水平に設置
・キャノピーが3分割式で,中央部が後部の内側にスライドする
・アンテナ支柱が後部キャノピー前端にある
これらが外観上の主な特徴である。それらの特徴の全てをこの模型で再現してみた。


● 2式単戦 鐘馗 I型 及び 試作機の緒元 ●
エンジン 100式複列星型14気筒1250HP(ハ41)
全幅9.45m,全長8.85m,自重1.99t,最高速度580km/h
上昇限度高度10.82m,7.7mm砲2門,12.7mm機銃2門


モデルについて
昔フジミから出ていた1/144スケールキットの復刻版の更に復刻版(多分)をベースにカウリング長,カウルフラップ・整流版等を変更してある。


制作について
試作5号機以降の試作機は量産機と同じ2分割キャノピーに変更され,アンテナ支柱もカウリング後部に移動された。

コクピット内部は計器版やシートはもとより,照準器・操縦桿・フットべダル・胴枠・レバー類・ヘッドレスト・シートベルトを追加,開放キャノピーの鑑賞耐えるようにディテールアップ済み。

カウリング下の空気取り入れ口はまだなく,量産機ではなく試作機であることがわかる。

タイヤは元のものを流用しているが,主脚はいつもどおりパイプ類で作り,ゴム製のダストブーツやブレーキパイプも再現してある。勿論90度折れの脚カバーも再現。尾輪はキットのまま手を加えていない。左翼の着陸灯はクリアカバーを付けた。また,コクピット後部の「山鹿流陣太鼓」のマークを描くのは楽しい作業だ。

塗装はかわせみ部隊にまつわる有名な話として,塗りむらにより迷彩まだらのように仕上げた。この色相が現地では不評だったというのも有名な話だ。下面は明灰緑色。

 ギャラリー1
 ギャラリー2
 ギャラリー3

上の画像をクリックすると大きな写真に新規窓で飛びます。ジャンプ先に複数のサムネイルが現れるのでそちらで見たい画像をクリックして下さい。一度クリックすると縮小版が開くので,その画像をもう一度クリックすると大きな画像が開きます。