トラブルと対策 12


シフトスイッチのチェック (90,800km)

2018.04.04


去年の暮れ頃から症状が出始めた,オートマモードとマニュアルモードの切り替え時の不審な挙動について。症状から,単にシフトノブのスイッチの接触具合の不調か,コンピュータの不調と思えたので,取りあえずは自身で確認可能なシフトノブ部のマイクロスイッチの状態をチェック。ここは横浜のあの中古屋で購入時にも取り付けがいい加減で同じような不具合が発症したところだ。

マイクロスイッチ自体は汎用のもので間に合うが,スイッチ自体が壊れる頻度での切り替えは行ってないので,取り付けの不具合と思い,シフトノブを抜き確認すると,確かに前回(もう15年以上前)の修理で使った固定用のリャンテが劣化していた。そこで一度マイクロスイッチを外して新たなリャンテで張替え,瞬間接着剤をポイント塗布して更に固定した。

しかしながら,やはり挙動がおかしい。AT⇔MTの双方向に上手く切り替わる時と,そうでない時がある。またATモードからシフトレバーを動かしてもMTに切り替わらないこともあるが,暫く走ったり,電源を入れ直すと問題なく作動するようになったりする。ということで,不具合はマイクロスイッチ自体ではなく,シフトレバー本体か,コンピュータの可能性が高い。シフトレバー本体は予備の中古があるので交換も可能だが,固定にはビスではなくリベットが使われているようなので,面倒臭い。もう少し様子を見ようと思う。