更新した内容17


2017.06.10


クラッチ交換(豊春のスマート専門店・Aワーゲンにて) 188,888km

まだ幾らかは使用可能と思われたクラッチだが,シフトダウン時にブレーキのジャダーのような挙動が気になっていた。また,ミート学習は,数年前にアクチュエータ自体の取り付け位置をずらすことで状況が改善してはいたが,また,何度もやらないと成功しなくなって来ている。アクチュエータ自体のキュルキュル作動音も徐々に大きくなっているので,トラブル発生前に対処するほうが良いと判断し,今回の交換に踏み切った。


クラッチモジュールはザックス製のフラバス用肉抜きフライホイール付きのモジュールアッシ。リリースベアリングは純正。アクチュエータは,自身のカブリオが5万キロちょいでミッションを交換した時に取り外したもので作動音は出ていない。また,シール2個と,ついでにミッションのアウトプットシールも交換(ブーツはそのまま)。リリースベアリングに取り付けるボールとシール類は交換作業店で都合してもらった。


交換に使用した部品はブラバス用とされるモジュールで,品番は「ザックス:3089-000-033/純正:Q0018168V001000000」だ。フライホイール部が肉抜きされ軽量化されているが,その他の部分は通常版と同じようだという話。ケース(カバー)に覆われているので,実際のクラッチ板自体は目視出来ないが,当然ながらスレカスはかなり出ている感じだ。





また,クラッチ交換時にスロットルアクチュエータの汚れが酷かったということで,無料で掃除をしてくれた。ありがたや。



掃除後の写真を見ただけで性能アップしてそうな気になるくらいの変わりようだ。という訳で,交換修理は完了した。シフトダウン時のジャダーのような挙動はなくなり,発進前にギアを入れた時や,バックに切り替えた時に出ていたタイムラグもなくなり,新車時のようになった。勿論,変速時のタイムラグは相応にある。何よりも,これでトラブルを心配しながら走らなくても良くなったことが1番である。フライホイールの軽量化による走りの変化は特には体感出来ない。百分の数秒,十分の1秒程度ではシフトチェンジが早くなっているのかも知れない。


2017.06.10


タイヤの交換 188,888km

これまでは,なるべく近くのタイヤ屋で交換をするようにしていたが,やはり価格差が大き過ぎるので,今回はたまたま東京に行く機会があったので,埼玉の量販店で交換した。こちらのタイヤ館との価格差は,工賃等全てを含めるとほぼ半額である。タイヤのみなら楽天にも出店しているのでそこからも安く買える。交換工賃・バランス取り・国産バルブ交換・窒素充てん・廃タイヤ処分費の全てを込みで1本当たり1080円と格安。恐らくは日本最安だと思われる。水槽に入れてホール全体もタワシで洗ってくれるのは有り難い。店舗も浦和・川口・越谷・野田などに複数あって便利。今後も,首都圏に出掛けるタイミングを図り,このショップで交換しようと思っている。ちなみに,窒素充てんは,タイヤ購入・交換作業済みラベルを貼ってある車両なら,今後も無料で行ってくれるらしい。窒素による走行感は変わらないが,空気よりも抜けが遅いらしいく,3ヶ月は追加充填しなくても大丈夫だとその店舗では言っていた。

ショップには膨大な量のタイヤがあるが,このサイズはスマート以外にはアイしか使わないので,どのショップでも問屋取り寄せとなるが,通常1日から3日で交換作業店(または自宅)に送られる。平日の午前中だったせいか,他の客はおらず,ショップでの作業はオニーチャン2人掛かりでやってくれた。見た目にそぐわず,非常に丁寧な言葉使いと対応で,社長の教育の良さが良く分かる感じの良いショップだ。ただ,スマートということもあり,インパクトに嵌まる15のレンチがないようで,携帯している自分のレンチソケットを貸してやった。また,若いせいもあるのか,作業スキルが少々乏しく,工具の使用方法など,見ていて不安な部分もあったが,一生懸命にやってくれているのが判り,好感を持てた。オートバックスのようなダラダラした様子はないが,正しい作業方法をきっちりと社員教育し,よりいっそうキビキビとした動きで作業するようになると多少遠方からも客が集まるようになると思う。

タイヤショップ・ゼロ

これまでは,ヨコハマタイヤの「デシベル」と「エコス」を使っていたが,現在はエコスしかサイズがない。ヨコハマは若干減りが早い気がしていたので,今回はトーヨータイヤの「ナノエナジー3」を入れることにした。実は近年,「ナノエナジー3プラス」というものが発売された。他の項目は同一だが,ウエット性能が1ランク上がっている(下の四角バーでいうと2個分)ので魅力はあるが,残念なことにサイズがない。

ヨコハマと比較すると,実際に測った訳ではないがドレッドが深いような気がする。その分長持ちするかもしれない。交換後500kmほど走行したが,ます音が静か。また勿論,扁平率は同じだが,サイドが柔らかいのか,乗り心地が良い。かと言って,コーナーで振られるような挙動はない。雨天では走ってないが,ドライ性能もスマートには十分である。ということで,このタイヤの方がエコスよりも優れているように思う。価格的にはほぼ同じなので,これで寿命が長ければ,今後はナノエナジー3に移行することになるだろう。


今回は,クーペの方は,フロントはまだ殆ど減りがないので,フロントはエコスに戻し,リアのみナノエナジー3付きのホイールにした。一方のカブリオは4本共にナノエナジー3に履き替えた。つまり,フロント2本,リア4本を組み替えたので,リア2本は車内に積んで運んだ。


2017.10.1


エンジンオイルの交換 190,000km

190,000kmである。1年で5,000kmという走行は最盛期の1/5である。どこやらかの自動車保険にしたら安くなるかなw 


今回はフィルターも交換。以前は冬場は10(5)W40で,夏場は15W50を入れていたが,オイル交換が年1回ペースになると,常時5W40で良いかな。今回は間違えて15W50を400cc入れてしまったが,抜かなかずに5W40を2.5L,更にリングイーズ半分を投入。勿論モービル1。オイルゲージが信用ならなくなったので,入りすぎの可能性もあるが,暫くアイドリングしても白煙は出ず,オイルの喰いも若干あるので,良しとして様子をみることにする。実は,フィルターの交換を忘れて新たなオイルを入れかけてしまった。ちなみに,500cc入れた新しいオイルはフィルターを外しても出てこなかったので,はやり上抜きは必須だ。

半年で冷却水が500cc程抜ける。外部の落ちている痕跡はないので,エンジン内部でのリークだろうか。ウォーターポンプは去年4月に交換したばかりで,かつその以前より同じ位のペースで減っていたので間違いなくリークだろう。リーク量は多くなく,オイルに水が混じった様子はないので,補充しながら乗ることにする。ピンストン交換など,本格的なエンジンオーバーホールを行うことがあれば,これも修理されることになるだろう。


2017.12.24


ドラレコの取り付け 191,500km

5年程前にカブリオに取り付けてあった「あきばお〜」で買った4800円のドラレコもそこそこの実用性があったが,今回,ほぼ同価格で3カメラの高画質版があったので,入れ替えることにした。がその取付の様子はあちらのページにある。

実は,1ヶ月程前に,みかんちゃん用に1,500円の安物を買ったが,あまりに性能が悪かったので,取り付けていなかった。その後,カメムシくんから外した古いものを前方に,性能の悪い安物を後方に取り付けてみたが,カメムシくんに今回取り付けたものが,思った以上にコスパが高かったので,みかんちゃんにも取り付けることにした。10日遅く買っただけで300円(約1割)値上がりしていたのは残念。2台共に「Genios」というショップ扱い品。パチモノのやや安いものも別ショップで売っているが,大陸製のパチモノはヤバイからな。自身の経験で実績のあるものを選んだ。寿命は未知数だが。


以下は取り付けについてだ。



商品セット内容は以下の写真の通り。どうも本体筐体と吸盤の接合部があまり良くない。ツメの部分に反りがあるようで,ガッチリとはまらない。1個目もそうだった。今回は修正しようとして折ってしまったので,接着した。写真にはないが,電源部はDC-DCコンバータ内蔵のシガーソケット用の差し込みなので,改造して直付けに用にした。取り出しギボシは既に配線してあるので,これらの作業はさほど面倒ではない。下の写真は,既に後ろ右サイドカバー内で,バックモニターのトリガー配線を行い(両車共に白赤線がバックランプのホット側ケーブルで茶色がアース側),カバーを戻した後である。内部リササイドカバーの取り付け部のツメが2個折れたが,あまり影響なさそうなのでそのまま組み戻した。


今回も,ドラレコ自体ではなく車体の分解に手間が掛かった。リアパネルの外し方はカブリオとは異なっている。リアドアサイドの左右各2個の小ビスと,ドアロック機構部辺りに1個のビスがある。ドア支点側は4本の爪で嵌っているだけである。作業し易いようにナンバープレートも外した。

ロック機構部のビスは浮離した樹脂片が受けになっていて,本来,ビスでパネルにこの樹脂片を固定してからドアの鉄製ビームに叩き入れるのだろうが,パネルが割れそうなので,鉄製ビームの該当位置に樹脂片を両面テープで仮固定して,後からビスで固定する方法にしたら上手くいった。


パネルを外して驚いた。色を塗り替えてもらった後,自分でリアドアパネルを外したことがなかったが,またまたメルセデス・ベンツ伊勢にワヤされていた。ナンバープレート照明球の端子が割られ,電球ホルダーまで破壊されている。それをド下手糞な修理をしておいて何も報告がない。塗装やが壊したのかも知れないが,責任はディーラーにある。車屋っていうのは大体がこういうコスイことをよくやるが,数百万や1千万超えの車体にも,わからないところではこういうことをやっているのだろう。全くメルセデス・ベンツ伊勢はさもしい根性の商売をやっている。いずれ天罰が下ることを心から祈っている。

ちなみに,パテの右上の小孔が今回カメラのケーブルを通すのに開けた孔。


これで,2台ともにドラレコ装備,かつバックモニターも利用出来るようになった。スマートは小さい割にリアビューの視認性が悪い。特にカブリオは,幌を降ろすと,後ろに積み重なるので後ろの安全確認がかなり疎かになりがちだ。かなりワイド画角なので距離感に慣れないとモニターだけでバックは出来ないが,周りがよく見えるのは非常に安全性の向上に寄与することは間違いないと言える。最低5年は頑張って貰いたいものだ。


使用方法の覚書



カメムシくんに付けた1個めを気に入ったので,2個めを買ってみかんちゃんにも搭載した。同じショップに注文したが,どうやら同じ物のようだ。なのに,僅か10日で300円(ほぼ1割)も値上がりしていた。最近,アマゾン出品の大陸製品に多い傾向だ。

リアカメラを車内に付けようと試したところ,バックLEDがリアガラスに反射し全面白飛びしたので,今回も車外に取り付けた。今回は,ケーブル類の長さを測っておいた。

(本体と電源)約3.4m
(本体とリアカメラ・バック配線の分岐コネクター部まで)5.35m
(上記分岐点からリアカメラまで)0.45m
(上記分岐点からバック配線ケーブルの先端まで)1.1m


従って,本体からリアカメラまでは約5.8mとなる。


【設定方法について】
イグニッション・オンで電源が自動的に入るが,起動には5秒前後掛かる。起動後は自動的に録画が始まり,録画中は左上の赤丸が点滅し,カウンターが動く。

各種設定モードに入るには,まず,4分割の下側スイッチ(OKマークの確定ボタン)を短押しして,録画を停止する。

次に上側ボタン(Mマークのメニューボタン)を長押しすると,面ある設定画面の1面目が開く。1面目には9項目あり,左右のボタンを使って項目を上下に移動する。変更(表示)したい項目まで左右ボタンで移動したら,下の確定ボタンを押す。すると,オン/オフや選択変更出来る内容が表示されるので,左右ボタンで選択肢を上下させ,ハイライトさせ,変更したら下ボタン(確定ボタン)を押して保存されると,1枚目の設定メニューに戻る。

10項目めから19項目めまでを表示するには,1枚目画面表示時に上ボタン(Mマーク)をもう一度長押しすると2面目が表示される。日時合わせの項目は,この2面目のトップ,つまり10項目目にある。あとは上記と同様に,項目を移動,設定を変更し保存し,全て終えたら,上(M)ボタン長押しで戻るか,中央の円形スイッチを長押しして電源を落として再起動して戻る。


【操作について】
中央の円形ボタンを長押しすると電源が落ち(若しくは入り),短押しだと画面表示が消える。記録は継続される。録画中,左ボタンの短押しでモニター表示画面が,(メインカメラ大画面+設定済みカメラの小画面)→(設定カメラ大画面+メインカメラ小画面)→(メインカメラのみ表示)→(設定カメラのみ表示)の内容で順送り切り替えが出来る。

バックモニター連動時は,バックモードの前に,どの画面表示パターンで表示してあっても,また,表示をOFFにしてあってもバックモニターのフル画面に自動的に切り替わり,バックを終了すると,バック前の選択状態に関わらず,(メインカメラ大画面+設定済みカメラの小画面)に戻る。


【注意】
重力センサーは感度が高く,設定で感度を「低」にしないと少しの振動でもファイルロックされ,ロックファイル名は「SOS」になる。保存の必要がないロックファイルをクリアする為に定期的SDをフォーマットし,新規書き込み容量を復活させる。

やはり内蔵のリチウム電池があまり具合が良くないように思う。ある方の情報では300mAの電池が入っているようで,400mAならサイズ的に置換出来るらしい。筐体は接着ではなく,ツメでのはめ込み式になっているそうで,カメラ部分から割っていくとうまく外せるらしい。

こまちゃんのページ