albatros D.V
● アルバトロス D.V albatros ●
実機について

1917年の5月には実戦配備されたが,運動性が低く,前身のD.IIIとほぼ共通の主翼は,リンケージ・システムが変更されたことで舵が重くなっていた。こまた,D.IIIの翼の致命的な強度不足は引き継がれ,空中分解も少なからずあったようだ。





主な緒元
・全長:7.33m
・翼幅:9.04m
・空虚重量:687kg
・エンジン:ダイムラー・メルセデスD.III 160馬力 6気筒液冷エンジン
・武装:Spandau LMG08/15 2門
・最高速:187km/h
・航続距離:2時間


キットについて
Wingnut Wings ウイングナット・ウイングス

久しぶりのWNWの1/32スケールのキットである。


制作について  (制作2020年2月)

マンフレートの搭乗機のひとつの塗装に仕上げた。点火プラグは,トーラスモデルのレジンパーツを使用。ターンバックルはガスパッチのメタル。それ以外に手を入れた部分は,地味ではあるが,車軸の部分や,エルロンホーン部などちょっとしたところ。メーター以外は塗装仕上げ。

現在,アイコム(プロ・ホビー)社のKK-3という超極細瞬間接着剤ノズルが,どこも在庫切れで,再販されるのか,このまま販売終了になるのかも不明だが,これがないと非常に困る。福原金属の真鍮パイプといい,この手のものがなくなると本当に困る。



下のサムネールをクリックすると複数の画像(1280dip幅)に飛ぶ。更に各画像をクリックすると1920dpi幅のフルサイズにジャンプする。



Gallery 1



Gallery 2



Gallery 3



Gallery 4



Gallery 5



Gallery6


プラモデルのトップへ戻る